和光商店沿革


WAKOUSYOUTEN history

過去から現在へ

400年以上前に横須賀村(現在の東海市高横須賀町)に根を下ろした加藤家が、1915年(大正4年)から旅籠屋「和光」として開業し、現在は17代目当主の加藤伸夫が、酒屋・料理屋を営んでおります。
このたび2019年9月18代目による京風カフェ・レストランを名古屋市本山にてオープンしました。料理、お酒のマリアージュお楽しみください。



From past to present


The Kato family, which took root in Yokosuka Village (currently Takayokosuka Town, Tokai City) more than 400 years ago, opened in 1915 (Taisho 4th year) as Hatagoya “Wako”. Currently, Nobuo Kato, the 17th owner, runs a liquor store and a restaurant.
We recently opened Kyoto style cafe and restaurant

 for the 18th generation in September 2019 in Motoyama, Nagoya. Local ingredients and sake are purchased from the parents' home.