お茶

お茶の効能


緑茶の伝来

   お茶は中国では漢の時代から解毒用として珍重され、後に飲用にと発展し、生活必需品となって人々の生活に浸透するようになりました。日本では永忠という僧が805年、留学していた唐から薬として持ち帰ったことが最初であるといわれています。
   日本でお茶について最初に書かれた書物は、臨済宗の開祖、栄西が鎌倉時代に著わした「喫茶養生記」です。宋の国で見聞きしたお茶の効用をまとめたものといわれ、次のような一文で始まっています。「茶は、養生の仙薬なり、延命の妙術なり、山谷これを生ずれば、その地禅霊なり、人倫これを採ればその人長命なり」と養生の仙薬というのは、不老長寿を得ることができる、仙人の薬という意味です。当時お茶が大変効きめのある薬として扱われていたことがよく分かります。

お茶の効用

   お茶の効用の多くは、お茶独特の渋みのもととなる成分で茶カテキンによるものです。発がんを抑える作用、血液中のコレステロ-ルを低下させる作用、老化を防止する作用、血圧の上昇や血糖値の上昇を抑える作用、抗菌作用、虫歯を防ぐ作用、口臭を予防する作用など実に多くの効きめを持つものです。
   次に挙げられるのがカフェインです。眠気を覚まし、疲労感を取り除く効果があります。また、ビタミンCも多く、お茶として飲むことが出来ます。ほかにも各種ビタミンが含まれ、中でも多いのはカロテンやビタミンEです。カロテンは緑黄色野菜に多く含まれ、がん予防に効果があるのではないか、と近年特に注目を浴びている栄養素です。ビタミンEも老化防止効果などで、非常に評価が高いものです。

煎茶

【製法】新芽を蒸した後、揉みながら乾燥させます。
【成分】カテキン類、カフェイン、アミノ酸類、ビタミンCほか
【特徴】さわやかな香りと、うま味・渋味が調和しています。カフェインやタンニン(カテキン)の含有率が高く、特にビタミンCは豊富。お茶と言えば一般的にこの「煎茶」のことを指します。

玉露

【製法】新芽に覆いをかけ直射日光を避けて育て、煎茶と同じ工程で仕上げます。
【成分】カテキン類、カフェイン、アミノ酸類、ビタミンCほか
【特徴】玉露は特にうまみの素となるアミノ酸の含有量が多く、逆に渋みの素となるタンニン(カテキン)などが少ないため、まろやかで濃厚な甘みがあります。福岡県八女産の玉露が特に有名。

玄米茶

【製法】玄米を炊いて炒り、ほぼ同じ量の番茶や煎茶をブレンドします。
【成分】玄米、カテキン類、アミノ酸類、ビタミンCほか
【特徴】緑茶の風味と炒り米独特の香ばしさがあり、薄めでさっぱりとした口あたりです。玄米茶はカフェインが少なく、お子様やお年寄りの方にもお勧めのお茶です。

ほうじ茶

【製法】番茶や大型煎茶を褐色になるまで強火で焙煎します。
【成分】タンニン・アミノ酸類、ビタミンCほか
【特徴】香ばしい香りが口の中をすっきりさせるので、食後のお茶として広く好まれています。ほうじ茶はカフェインやタンニンが少なく、お子様からお年寄りまで幅広くお飲みいただけます。

抹茶

【製法】日光を避けて育てた新芽を、蒸した後揉まずに乾燥させ、葉脈を取り除いて石臼で挽き粉にします。
【成分】カテキン類、カフェイン、アミノ酸類、ビタミンCほか
【特徴】茶道には欠かせないお茶。まろやかな甘味が特徴で、渋みはほとんど感じさせません。葉そのものを飲むので香りも味わいも格段に深く、お茶に含まれる健康な成分も無駄なく口にすることが出来ます。「濃茶」と「薄茶」があります。

番茶

「番茶」はどこの家庭にもあるような普段使いのお茶です。「晩茶」とも書くように、晩い時期に摘んだお茶のことで、現在では硬い葉や古葉で作られた下級茶のことを言います。